ローンについての基礎知識:おまとめ商品の金融勧誘方針を確認する

三井住友銀行などでは、様々な目的別のローンがあります。金融商品の目的も色々と多彩なので、それに合わせて商品が提供されている訳です。ところで、おまとめなどもその1つになります。人によっては、複数の所から借りていて、その負担がかなり大きいこともあるのです。

ところがおまとめ目的の商品の場合は、金利年がやや低めに設定されています。一般的な融資商品よりも、数%ほど低めなことも、決して珍しくありません。ですので負担軽減を考えるならば、その商品を検討するのも一法と言えます。

ただしそれを利用する時には、金融勧誘方針などには、一通り目を通しておくのが無難です。というのその方針には、かなり重要な情報などが明記されています。しっかりしている会社なのか、ヒントを得られるケースも多々あるからです。

ちなみに金融勧誘方針は、文量もそれほど多くありません。読むだけでしたらそれほど時間もかからないのですから、一読しておくのがおすすめです。

 

急ぎでお金を借りる際は審査が早い特徴があるカードローンへ

急ぎでお金を借りる際にはカードローンを選ぶと便利です。それは審査結果がすばやくわかること、当日中にお金を借りることができることと言った特徴があるからです。まずはカードローンのサイトのお申込みフォームへアクセスします。様々な入力項目がありますので一つ一つ入力していきます。間違いがないか確認してから送信されるとすぐに審査が開始され、メールまたは電話で結果連絡が入ります。

特に属性に問題が無い方、信用情報にキズの無い方、勤務先の在籍確認が取れた方なら素直に申告していれば審査に受かりやすいです。審査合格ならカードローンの会社と契約、契約後に金融機関の口座に即日振込されます。金融機関で振込の取扱は平日15時までですので、急ぎのときは早めの時間からお申込みして下さい。

カードローンの中には自動契約機でカード受け取りできるものもあります。お仕事でお申込み時間が遅くなったときは此方が便利です。自動契約機じたい取扱していないカードローンもありますので事前に確認しておいて下さい。

 

おまとめローンガイド

おまとめローンは、主に銀行を主な取引先とする事業者以外の人間を対象として、金銭消費貸借契約を締結し、その金銭消費貸借契約に付帯した利息契約に基づき回収された利息によって収益を得る金融機関を言います。

そして、カードローンなどの多様なキャッシング手段が増加している現在においては、一般的な消費者についても気軽に金銭消費貸借契約を締結することができるようになりました。そのため、現在では、多数の人間がおまとめローンを利用して融資を受けているということができます。もっとも、この場合には、重要な注意点が存在します。それは、近年の貸金業法の改正に伴い、これを利用することができる人間について制限がなされ、主婦でも借りれる消費者金融の時代になっているということです。

以下、この点について説明いたします。まず、夫婦の一方が第三者から金銭消費貸借契約を締結した場合には、法律上当然にその債務は連帯債務となります。そのため、稼得能力のない専業主婦が第三者から借り入れた場合には、その貸金返還債務については、その夫も債務を負うということになります。したがって、稼得能力のある夫としては、その妻が金銭消費貸借契約を夫に知らせずに締結した場合には、実質的に不意打ち的に債務の金額が増加する可能性があります。そのため、このような事態に対応するべく、消費者金融については、稼得能力のない専業主婦は利用することができないという制限がなされています。そのため、専業主婦の方はこの点について注意する必要があります。

 

これまで気づかなかったカードローンのウラの裏

カードローンは誰でも簡単に借り入れのできる金融商品として定着していますが、金融機関にとってはメリットの非常に大きい商品であることを利用者はご存知でしょうか。高利でありながら利用率の非常に高いカードローンはどの金融機関も力を入れて販売しています。利息制限法により総量規制の対象となる、クレジット系のキャッシングや消費者金融からの借入れが困難になっている昨今、銀行系のカードローンは総量規制の対象外であることから、年収の三分の一という観念にとらわれることがないウラの裏の話である。

このことは、金融機関に精通している人物でなければよくわからないのであるが、総量規制の対象となるのは、銀行系の金融機関以外であることを理解しておく必要があるように思われる。ここで、勘違いしてはいけないのが、銀行系でも消費者金融系を保証会社としているところもあるのでそういった商品は総量規制の対象となる恐れがあるということです。

これもまた、金融商品のウラの裏の話である。実際、借り入れ申し込みの際にはそういったことを、金融機関の社員に確認することも利用者が必要とするところでしょう。金融機関に言われるがままにするのではなく、何事も疑問符をもって対応することも必要である。

 

みずほ銀行カードローンを利用しました

私は普通にサラリーマンをしているのですが、ときどきお金が必要になって困っていました。特に給料日前はかなり生活が苦しく、ちょっとの額でいいのでお金を借りれないかと考えていました。ただ金融機関からお金を借りるのは大変で、金利負担も大きいのだろうと思っていました。そのようなことを同僚と話していると、最近は金利が安くて借りやすいところが多いといっていました。その同僚が言っていたことを調べてみると、確かに簡単に借りれそうでした。それでどこか自分に向いている金融機関がないかと思い、ネットを使って色々調べました。

ネットで調べてみるとみずほ銀行カードローンがいいようでした。このみずほ銀行カードローンは銀行系のカードローンで金利が安く、即日融資が受けれると書かれていて便利そうでした。特に日頃利用していた銀行だったので、申請をすれば通りやすいのではと思いました。そして一度頼んでみようと考え、サイトまで行って必要な情報を入力しました。名前や住所などの入力をして、仕事についてあれこれ聞かれました。私は給料の振込口座として利用しているので、職業の証明は必要ないようでした。

審査は二日程かかりましたが何とか通っていました。融資限度額もそれなりに大きかったので安心しました。その後は給料日前などのお金がない時にときどき利用しています。個人的にお金を借りるのはあまり良くないと思っているので、それほど頻繁には利用していません。ただいざというときにお金を簡単に用意できるので、便利になったなと思っています。

Published by